【特集】法律相談に持参した方がよい書類

 これから相談に来られるであろう方々に向けて、当事務所に法律相談に来られる際、これを持参してもらえると相談をしやすい書類などを事件事に挙げてみたいと思います。
 ご自身でお持ちの書類に加え、市役所や宮崎県内の法務局などで入手する必要があるので、お忙しい場合、すべてを持参は難しいと思われますので、出来る範囲で結構ですので、ご協力の方をよろしくお願いいたします。

1.離婚事件

 戸籍謄本、住民票、資産証明、所得証明書、源泉徴収票あるいは直近3か月分の給与明細。車検証(婚姻後に購入した車)、保険証書

2.相続事件

 戸籍謄本、改製原戸籍、除籍謄本(亡くなられた方のもの)、相続関係図(手書きでも可)、不動産名寄せ帳の写し

3.不動産関連事件

 登記簿謄本(全部事項証明書)、固定資産評価証明、売買契約書や賃貸借契約書

4.請負事件

 注文書、請負契約書、見積書、領収証等

5.労働事件

 就業規則、給与明細、各種規程(賃金、退職金等)

6.債務整理事件

 利用明細、振込証、消費貸借契約書

7.交通事故

 事故証明、所得の分かるもの、事故状況を簡単に説明した図(あれば実況見分調書)等

その他(全事件の共通)

 事実関係が複雑な場合には、当事者、相手方との間でのやりとり、出来事を時系列(起きた順番)にまとめたメモ

ご相談のお申し込みはこちらから

夜9時まで受付。お気軽にお電話ください。

0120-6666-40

受付時間 午前 9:00~午後 9:00(年中無休)

メールフォームでのご相談のお申し込み24時間受付