【刑事】吉谷弁護士が、刑事弁護フォーラムのシンポジウム「刑事弁護人の役割とは何か」に参加しました。

平成27年6月2日、吉谷弁護士が、宮崎県弁護士会において開催された、刑事弁護の全国組織である刑事弁護フォーラムのシンポジウム、パネルディスカッション「刑事弁護人の役割とは何か」に参加しました。

刑事弁護人は、警察等の捜査機関により逮捕、勾留され捜査対象になった被疑者、ないし、検察官により犯罪があるとされ起訴された被告人の権利を守るために活動する弁護士です。刑事弁護人は、被疑者、被告人の側に立った活動をすることから、しばしば「なぜ悪い人の味方をするのか」との疑問を持たれます。一般の方からすれば、素直な感情であるから言われているのだろうと思います。しかし、日本において、悪い人であること(有罪か無罪か)、どの程度悪い人か(量刑)は、訴訟において決するとされていること、その訴訟を起こすのは国家権力である検察官が行い、警察という巨大な捜査機関も存在することから、最低限被疑者、被告人を守れるようにバランスをとった制度として刑事弁護人を付けることになっています。

今回は、刑事弁護活動を行う上での様々な課題や刑事弁護人としての役割、姿勢等を、全国トップレベルの刑事弁護人の先生方から学ぶことができて非常に有意義でした。

ご相談のお申し込みはこちらから

夜9時まで受付。お気軽にお電話ください。

0120-6666-40

受付時間 午前 9:00~午後 9:00(年中無休)

メールフォームでのご相談のお申し込み24時間受付