相続の解決事例|事業を行っていた死亡した父の負債について,保証人となっていたところ,同保証人から外してもらうかわりに,亡父の遺産を相続しない旨の遺産分割交渉を行った事案

【解決事例】事業を行っていた死亡した父の負債について,保証人となっていたところ,同保証人から外してもらうかわりに,亡父の遺産を相続しない旨の遺産分割交渉を行った事案

 

サポート前 事業の保証債務を負っていた。保証人の地位を継続する旨の打診を受けていた
サポート後 保証人から外してもらい平穏な生活を確保


<事案の概要> 

 依頼人が,事業を行っていた死亡した父の負債について,保証人となっていた。保証人から外してもらうことができないかという旨のご相談でした。

<弁護士のサポート>

 相続放棄等を条件に,保証人を外してもらう旨の条件を提案し交渉を行いました。その結果,他の相続人や債権者と話しがまとまったということで,事件が終了となりました。

<弁護士からのコメント>

 主債務者が死亡したとしても,基本的に保証人の債務はそのまま残ります。そのため,別途債権者との交渉等が必要となる場合もあります。本件では,法律的な根拠は脆弱であったものの,相手方に経済的にメリットのある交換条件を提案し,問題解決ができました。

 

【宮崎事務所】宮崎市老松1-2-2(宮崎駅から徒歩5分、モリタゴルフ宮崎店の隣)

【都城事務所】宮崎県都城市上町13-18都城STビル6階(西都城駅から徒歩5分、都城合同庁舎近く)

【延岡事務所】宮崎県延岡市北町1-3-19米田ビル2階(延岡市役所~延岡シネマの通り沿い)

解決実績(相続・遺言)

 

関連事項(相続・遺言)

ご相談のお申し込みはこちらから

夜9時まで受付。お気軽にお電話ください。

0120-6666-40

受付時間 午前 9:00~午後 9:00(年中無休)

メールフォームでのご相談のお申し込み24時間受付