金銭トラブル

  • 友人・知人に300万円を貸したけど何かと理由をつけて返してくれない
  • 以前に実家の母の面倒を見ていた兄が、亡くなった母の生前預金1000万円を勝手に自分で使っていたことが発覚したため、預金の相続分相当額の支払いを求めたい

など、お金を貸した、相続などにより金銭をめぐるトラブルはだれにでも生じてきます。
金銭は貸したりすることにより他人に渡してしまうと、契約の存在、金額の正確性、借主が返してくれるかどうかのリスクが存在しますので、これらの点について、契約時点におけるチェック、貸した後の回収について法的にアドバイス、回収手続きについて、最終的に弁護士に依頼するかに関わらず、なるべく早めに弁護士に相談し、今後の方針についてアドバイスを受けることが重要です。

 

『みなみ総合』が選ばれる理由

  1. 依頼者のためにできる限り迅速でより良い対応策を提案いたします
  2. 弁護士7名が所属する宮崎最大級の法律事務所
  3. 年間相談実績1000件以上の豊富な経験
  4. 宮崎・都城・延岡にオフィスがある宮崎最大級のネットワーク

 金銭トラブルの解決の流れ

弁護士への相談・受任

相手に受任通知を送付

相手との交渉

訴訟など裁判所を利用した解決

強制執行による解決

金銭トラブル解決のポイント

1.相手方の資産状況に問題はないか

金銭請求の場合、相手方の資産状況に問題がないかを確認することが重要です。具体的には、どこにどのような財産があるのかを調べ、それを踏まえて回収の見込みがあるかを判断することが必要です。
回収の見込みがない場合には、仮に訴訟を起こして判決を得ても回収できずに、むしろ費用と時間が無駄になってしまいます。

2.借用書等の証拠があるか

金銭請求を行う必要がある場合、借用書や契約書等の問題となる書類があることが重要になります。特に貸し借りの場合、そもそも借りていないとか、利率が違うとか、返済日が違うといった、そもそもの契約内容自体に争いがあることも考えられますので、その点の争いを回避するためにも証拠が必要になります。
また、仮に文書として残してなかったとしても、例えば相手方との約束内容がメールで行われた場合には、そのメールも証拠になる可能性もあります。

3.継続的な取引関係の場合

継続的な取引関係がある際には、相手方に対して未払いの債権がある場合には、相殺処理で実質的に回収することも検討しましょう。 また、今後も取引を継続することを予定している場合には、法的手続を経て回収をするという作業は避けた方がよいですので、もう少し緩やかな対応(公正証書の作成、保証人・担保の確保、分割払い)で解決を図ることも考えなければなりません。

金銭トラブルでお悩みの方は、一度当事務所にご相談ください。

ご相談のお申し込みはこちらから

夜9時まで受付。お気軽にお電話ください。

0120-6666-40

受付時間 午前 9:00~午後 9:00(年中無休)

メールフォームでのご相談のお申し込み24時間受付